· 

今週の作家3【田村晴海】(2020.9/28~10/3)

田村 晴海

「EDEN」 F100   ミクストメディア

「天空(てんぐ)七福神」

・神形(しんぎょう:神を象った人形)

・藍染(ジャパンブルー)

2017年 秋田県大館市扇田神明神社 収蔵


藍染の布地を用いて、地の神「迦楼羅」である「からす天空」を制作している。又、香道という特殊な世界にも精通しているので、日本橋で「香道楽会」という教室を開催している。


人懐っこい風姿に神性を宿す晴海さんの天空(てんぐ)は彼女の人柄と特別な霊感から生まれた、神にして人であり、彼岸にして此岸、天にして地を孕む象形作品。ひとたび目を合わせたら逃げられない吸引力で心を奪い昇華し、魂魄ひとつとなって彼我を往還することになる。天空に導かれて・・・。(美術評論家 中野中)


所属

日本人形作家協会会員

創作人形「不羈(ふき)の会」主催

プロフィール

1956年 東京生まれ

 

(個展)

1997年より ギャラリーGK(東京・銀座)にて8回

2006年より  Gallery G2(東京・銀座)にて8回

2009年7月 2012年3月  ギャラリー八重洲(東京・八重洲)

2012年          京都・妙妙顕寺 十乗院(京都・日蓮総本山妙顕寺客殿・妙顕寺塔頭)

2015年9月    井上画廊(東京・銀座)

2016年4月    地球堂ギャラリー(東京・銀座)

2017年5月    扇田神明神社・斎館(秋田・大館氏)

   7月    ギャラリー風 企画展「田村晴海展 風韻」(東京・銀座)

2017年10~11月  ART SPACE SOW(草)(神奈川・川崎)企画展「田村晴海展 叢々」

2019年6月          ART SPACE SOW(草)(神奈川・川崎)企画展「田村春海展 草庵に住む天空」 

銀座で屈指の広さの、ゆとりあるギャラリーです。

各種公募団体の展示を始め、毎週、多様な個展とグループ展を活発に開催しております。

芸術の最先端がここにあります。